まずはお気軽に
お問合せ下さい

ミシンのわくわくする話

2019.9.4

こんにちは! 
REPRO-PARK(リプロパーク)です。

突然ですが、
皆様は、普段の生活でミシンを使ったり、目にする機会はありますか?

昔は一家庭に一台はあるのが当たり前だったのですが、
最近では持っていないご家庭も増えてきているそうです。

今日はそんなミシンのお話です♪

まずは、私たちが普段使っているミシンをご紹介します!


こちらは「工業用ミシン」といって家庭用のものよりも大型で力が強いものになります。
足でペダルを踏んでモーターを動かすのですが、
思い切り踏み込むと分速4000針くらいの速さにもなるスーパーアスリートなんです!

通常のミシンは 上糸と下糸の2本の糸の組み合わせで縫い目を作っていきますが

この糸には様々な太さがあります。
そして、糸の太さに合わせて、ミシン針の太さを変えるなどもしています。

さらに、ミシン目の間隔も1ミリ単位で変えることができ、
お洋服のデザインによって変えています。

こちらは、「押さえ金(おさえがね)」という部品です。
縫う部分の凹凸や、生地の素材などによって、ねじを回して着脱します。
例えば、写真の左上側の部品は、片側だけに押さえが付いている形なので
ファスナーのすぐ近くや、厚い部分のすぐ近くを縫う時などに活躍します。


お修理の際は、この様々なミシンの機能を ご依頼品によって使い分けています。
多彩な機能や、細かなパーツなどなど、なんだかわくわくしてきませんか?
ミシンのカタカタという音も心地よくて、スタッフは大好きです!!

今回はミシンについてお話しさせて頂きました。
一言に「修理」と言っても様々な工夫が隠れているので、
お修理のご相談も、楽しんで頂けたら嬉しいなと思います♪

次回はLINEを使ったお修理のご依頼についてご紹介させて頂きますので、お楽しみに!

ご相談はLINEまたはORDERより受付中です。

是非よろしくお願いします!
※平日11:00~19:00営業