まずはお気軽に
お問合せ下さい

HERNO(ヘルノ) 袖生地破れ 

2022.7.6

こんにちは!REPRO-PARKです!

今回はHERNO(ヘルノ)のダウンジャケットの破れのお修理事例

をご紹介致します。

袖先の一部分が2か所破れて中からダウンが見えてしまっている状態でした。

今回はこちらを【ブロック補修】という方法でお修理をさせて頂きました!

REPRO-PARKではステッチとステッチの間を1ブロックと数えさせて頂いております。

この部分を似寄りの生地で上から覆い再縫製をさせて頂くお修理方法です。

元々ステッチで区切られている部分を縫製するので、お品物にピッタリの生地があればとってもきれいな仕上がりになります♪

ダウンジャケットはブランドやメーカーによって同じお色でも質感や風合いが大きく異なることがございます。そのため、お品物に合う生地のご提案が難しい場合がございます。

ですが、今回のお修理は、表地と裏地が同じ生地を使用しているものだったのでこの裏地を破れている部分に移植し、修理をさせて頂きました!

お客様にとって、よりご満足いただけるお修理方法をご提案させて頂くよう1点1点丁寧にご対応させて頂いております!

是非一度お問い合わせください♪

ご相談はLINEまたはORDERなどから受付中です。
是非よろしくお願いします!
※平日11:00~19:00営業

  1. TOP
  2. ブログ
  3. HERNO(ヘルノ) 袖生地破れ