まずはお気軽に
お問合せ下さい

BURBERRY(バーバリー) ダウンジャケット 袖 破れのお修理

2022.7.14

こんにちは!REPRO-PARKです!
今回はBURBERRY(バーバリー)のダウンジャケットの破れのお修理事例をご紹介致します。


袖の後ろ部分の生地が焼けてしまい、丸く穴が開いてしまっている状態でした。
今回は生地が焼けてしまった袖部分のパーツを丸ごと作り直し、袖のパーツの形に添って上から覆うように再縫製するお修理をさせて頂きました。
こちらの生地の素材の場合、生地が焼けてしまった部分が硬くなり硬化してしまうので、この部分をしっかり切り取って、上からかぶせた生地に破れの後が響かないように処理をしています。

今回のBURBERRY(バーバリー)のジャケットのお修理のように、ブランド、メーカーそれぞれがオリジナルで作成している生地に関しては、まったく同じ生地というのはご準備が難しいですが、REPRO-PARKではこれまで培った経験から、それぞれのブランドに合うような生地をストックしております!
今回も、同じ生地では無くても、お品物にぴったりに生地のご準備ができました♪


生地を使用する修理の際は、ダウンジャケット、アウターなど、それぞれのお品物にあう生地を1点1点ご案内させて頂いております!
お見積りの際に修理に使用する生地もお写真でご案内しておりますので、是非一度お問い合わせください♪


ご相談はLINEまたはORDERなどから受付中です。
是非よろしくお願いします!
※平日11:00~19:00営業

 

 

  1. TOP
  2. ブログ
  3. BURBERRY(バーバリー) ダウンジャケット 袖 破れのお修理